沖縄のゴキブリ駆除は全国見積無料のスマートサービスで

沖縄のゴキブリ駆除・ゴキブリ退治は見積無料のスマートサービスにお任せ下さい。|スマートサービス

業界最安値に挑戦 日本全国対応 安心の長期保証 信頼の実績
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

沖縄のゴキブリ駆除ならスマートサービスにご相談下さい

ゴキブリ禁止

スマートサービスは全国エリアをカバーするゴキブリ駆除専門の会社です。年間15,000件以上の施行実績を誇るゴキブリ駆除のプロフェッショナルが責任をもって施行に当たらせて頂きます。沖縄でゴキブリ被害でお困りの方はご相談だけでも構いませんので、お気軽にお電話下さい。

弊社ではお見積り後の契約の催促は一切行いません。お見積}り受領後は他社と相見積りを取るなどして、じっくりご検討の上、必要と判断されましたらぜひ弊社にご用命ください。

スマートサービスが選ばれる理由

>FrontPage#hac795d6,center,4つの理由
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

ゴキブリ駆除までの流れ

4つの理由
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

料金プラン

料金プラン
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

沖縄の気候とゴキブリ

沖縄は年間を通して高温多湿の気候である。したがってゴキブリにとって生活しやすく繁殖しやすい土地柄だ。ゴキブリは熱帯性の昆虫で、気温が18度以上になると活動しはじめ、30度以上になると盛んに飛ぶなど、活動がさらに活発になる。冬の間も寒さが厳しくない沖縄では一年中活動できるというわけだ。そのため、たとえば東京と比べると、ゴキブリは1.6倍の速さで増えていく。エサが豊富で生活しやすい環境から、体格も平均1.3倍ほど大きい。

沖縄のゴキブリの駆除事情

ゴキブリが繁殖しやすい土地柄である沖縄では、駆除にもスピードが要求される。一般の家庭では、まずコンバットやゴキブリホイホイなどを利用する。それでも手に余るようだと、駆除業者を呼ぶことになる。 この手法は茨城のゴキブリ駆除にも有効だ。

ゴキブリ被害の拡大を防ぐために

早期発見、早期駆除が必要。ゴキブリが増えていくスピードを考えると、コンバットやゴキブリホイホイなどを利用するより、始めから駆除業者を呼んだほうがいいかもしれない。早期に対処したほうが予算も小さくてすむ。 「沖縄のゴキブリ駆除業者」那覇市を中心に大小さまざまな駆除業者が混在している。ゴキブリ専門の業者とネズミやシロアリの駆除もしている業者がある。 ゴキブリ専門の業者は小規模な場合が多く、決め細やかなサービスをしてくれる。

ゴキブリ駆除業者の選び方

小さくても良心的な駆除業者を探すこと。ネットの口コミを利用して情報を集めるとよい。数社選んだら、見積を依頼する。たいていの業者は見積までは無料でやってくれる。駆除内容と料金を比べ、お得な業者を選ぶように。

ゴキブリ駆除の料金設定

全国平均と同程度の料金設定だが、小さな業者のほうが安い傾向がある。一般の住宅で15000円、店舗で20000円から。定期保守を依頼した場合、8000円から。店舗はスポットで何度か依頼するより、始めから定期保守を依頼したほうが割得となる。

ゴキブリの種類

ゴキブリは世界中では約3000~4000種ある。日本では、一般の家庭で見かける「クロゴキブリ」、飲食店に見られる「チャバネゴキブリ」日本のみに生息する「ヤマトゴキブリ」が主に見かける種類である。愛知のゴキブリ駆除でも書いたとおり、「汚い」とか「怖い」といった印象があるが、いろいろな病気の元を持ち込む。赤痢、食中毒、腸チフスなどの細菌。破傷風、ジフテリヤ、肺炎などの真菌。アレルギーの原因とも言われている。 クロゴキブリ・・・濃茶褐色で大きい体。あぶらぎった黒光りのする種。中胸背面が淡色。関西・九州方面に多く、最近は関東にも分布している。倉庫・民家に多い。成虫の寿命はオス207日、メス197日。(成虫になるまでに1年半ほどかかる)1匹のゴキブリが生む卵は、一生で400個前後(20~30回に分けて産む。単純に言えば、一週間に1回、20個ほどの卵を産むこととなる。体長は3~4cmと大型。5~9月にかけ活発に行動し、灯火に飛来することもある。 チャバネゴキブリ・・・褐黄色で体調10mm前後。世界中どこにもいる最も一般的なもの。成虫の寿命はオス90日、メス164.5日。世界中どこにでもいる一般的な種。褐黄色で1~1.5cm程の大きさ。熱を発生させるところに多く集まるため、 ビルや飲食店に発生しやすい。24時間温度の安定した場所を好む。成虫は卵鞘(卵の入った殻)を持ったまま動き回る。原産は 北東アフリカで、日本には16~17世紀に伝播し定着した。 ヤマトゴキブリ・・・日本の在来種。濃茶褐色で大きくクロゴキブリによく似ている。(クロゴキブリより光沢はない)中胸背面に淡色部がない。主に関東・東北に多く、倉庫・民家に居つく。成虫の寿命はオス124日、メス178.7日。ゴキブリ種にしてはめずらしく北方型で、関東・東北に多く生息し 中国以南には生息していない。雌は20以上の卵鞘を産み落とすが、卵鞘内の卵数が10 ~20と少ないのが特徴。大きさは2~3cm。
}}

対応エリア

対応エリア
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ

会社案内

会社案内
ご相談ください

お問い合わせ先:0120-560-365 | このページのトップへ